徹山小屋(てつやまごや)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大東京トレッキング 〜パワースポット的なソレ〜 序盤

<<   作成日時 : 2010/03/06 20:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

大変ご無沙汰しております。徹山です。7月の尾白川のアップ以来、まぁ〜〜ったく、音沙汰なしでしたが、実はその間、夏〜秋にかけて何回かプチトレッキングに出かけておりました。で、アップしようかと思ったのですが、いまいち文書作成に気分がのらず、今にいたってしまいました。。。。ん〜、ぐうたら全開です。ということで、今回は、真夏の激暑い都内を散策した「大東京トレッキング」をお送りいたします。(って、行ったのは8月、そして、ただいま翌年の3月。。笑)



【プロローグ】

さて、「大東京トレッキング」と題していますが、なぜ、こんなことをしようかと思ったかというと、

・せっかくの夏休みにどっかにでかけようかと思ったが、尾白川トレッキングの時と同じく、屋久島トレッキングツアーでお財布に相当負担をかけたため、金が無い。

・金が無いなら、近場がよい。そういや、近すぎてぜんぜん巡ったことの無い都内なんかを「はとバスツアー」なんかで回ってみるのいいかも。

・いやいや、バスツアーは時間がしばられるので、結構めんどくさい。こうなったら、自作プランで東京をめぐってやる。

・そういや、前に聞いたことがあったが、東京って、結界にまもられているという話を聞いたことがある。ちょっと、本でもあさってみっぺがね。

っつーことで、こんな本を見つけちゃったので、読んでみる。

大江戸魔方陣―徳川三百年を護った風水の謎 (河出文庫―文芸COLLECTION)
河出書房新社
加門 七海

ユーザレビュー:
ノストラだましの大予 ...
大江戸のアールデコ〜 ...
面白いところだけ拾い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



東京魔方陣―首都に息づくハイテク風水の正体 (河出文庫)
河出書房新社
加門 七海

ユーザレビュー:
笑撃のトンデモ本五島 ...
目のつけどころは面白 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



読んじゃった結果、ざっくり書くと、

 ・江戸が三百年という長い期間繁栄した裏には風水による結界に護られていた。
  (徳川家康の最高顧問、天海大僧正が。。。)

 ・江戸城(現・皇居)を中心に寺社仏閣を頂点とした複数のトライアングル構造で結界が構築されている。
  (大江戸トライアングル、八幡トライアングル、江戸城縄張り図、日光魔方陣、、、、)

 ・江戸だけではなく、武蔵野地方、そして、紀伊半島にいたる範囲に結界は構築されている。
  (武蔵野と紀伊に同様の結界をはり、片方が破壊されても結界は破れない構造に。。。。)

 ・江戸時代の結界から東京となってからの結界の違いの一つに山の手線と中央線による陰陽マークの
  鉄の結界が張られている。西は高尾山、東は成田山までを繋ぎ鉄道で気を流し運んでいる。
  (そして、放送局のアンテナまでもがなんらかの役割を。。。)
 
というように、都市伝説のようなオカルトチックなことが書かれているが、これがまた、面白かった。
で、オカルトチックではありながらも、江戸三百年の栄華を考えるとそこには何か目に見えない力があるかにも思え、すっかり話の面白さに惹かれてしまい、結界に関与する寺社仏閣でも回ってみようかと思い、今回の企画にいたったわけです。(って、あいかわらず、説明なげぇよ、俺。)

ってことで、都内なら、日帰りそして電車賃とご飯代くらいで済むということで、勝手に「大東京トレッキングツアー」をはじめたわけです。

とはいえ、すべて魔方陣に関連する場所というのもおもしろくないので、そこにパワースポットと呼ばれる場所(これまた寺社仏閣ですが。)を絡めつつ、ちょっと観光名所も見つつという欲張りなコースにすることにしました。

※参考:パワースポット東京編



【ルートマップ】

さて、勝手にプランニングしてみたが、本に書かれている結界の頂点をきれいに追っていると、とんでもない時間を費やしてしまい、ただ疲れるだけになってしまいます。

っつーことで、順にめぐってスマートに回れるようなコースで、結界に関連しそうな寺社仏閣にときおり東京の有名スポットを紛れ込ませつつたスマートプランを練ってみた。(のちにこれが大変なことに。。。)

以下がそれ。

より大きな地図で 東京魔方陣コース を表示

=============
 コースプラン
============
出発

東京メトロ銀座線 新橋(乗り換え)
●東京フリーきっぷを購入(窓口)

東京メトロ銀座線 青山1丁目
●乃木神社(徒歩)

東京メトロ銀座線 赤坂見附
●豊川稲荷東京別院(徒歩)

東京メトロ銀座線 溜池山王
●日枝神社赤坂山王(徒歩)

東京メトロ南北線 溜池山王(乗り換え)
東京メトロ南北線 六本木一丁目
●赤坂氷川神社(徒歩)

東京メトロ南北線 飯田橋
●東京大神宮(徒歩)
●靖国神社(徒歩)

東京メトロ東西線 九段下
都営大江戸線   飯田橋(乗り換え)
都営大江戸線   春日(乗り換え)
都営三田線    春日(乗り換え)
●東京染井温泉サクラ(徒歩)

都営三田線 巣鴨
●巣鴨とげぬきじぞう(徒歩)
●巣鴨大鳥神社(徒歩)

JR山手線 巣鴨(乗り換え)
JR山手線 駒込
●日枝神社(徒歩)
●羽黒山湯上神社末社・住吉神社(徒歩)

JR山手線 駒込
JR総武線 秋葉原(乗り換え)
JR山手線 御茶ノ水(神田明神)
JR総武線  浅草橋(乗り換え)
都営浅草線 浅草橋(乗り換え)

都営浅草線 浅草[終点]
●浅草寺(徒歩)
●鷲神社(徒歩)

都営バス
●蛇骨湯

都営浅草線 浅草
都営浅草線 大門
●芝東照宮(徒歩)
●増上寺(徒歩)
●東京タワー(徒歩)

都営浅草線 大門
都営浅草線 泉岳寺
●泉岳寺(徒歩)

帰宅
============

とまあ、「電車バリバリ使いつつ、駅から結構歩く。」という「大東京トレッキング」ともいえるべきプランを練ってみました。(「電車バリバリつかって、そんな楽勝なプランでトレッキングとよべるのかよ?」という話もありますが、その真偽はこのあとの本編をみていただければ、わかるはず。。。。。。)

で、今回のトレッキングの基本的なコンセプトを簡単にまとめてみると、

 ・加門七海さんの大江戸魔方陣、東京魔方陣で結界のキーとなる寺社仏閣から基本チョイスしてみる。

 ・基本チョイスの場所いける距離にある近場にパワースポットらしき場所があれば、コースに取り入れてみる。

 ・ついでに、観光スポットなんかが近くにあったら、それもとりあえずコースに取り入れてみる。

 ・とはいえ、結界・パワースポットといわれても私にはさっぱりわからんので、とりあえず行ってみる。

 ・「都内を電車をつかいつつ歩き回ることが、はたしてトレッキングといえるのか?」を体感して結論づける。

という、あいかわらず、ゆるゆるなコンセプトですので、「結界」「パワースポット」のご利益情報を主に期待して閲覧されようとしている方は、閲覧を避けたほうがいいかもしれません。(自分で言うのもなんですが。笑)

ぶっちゃけ、トレッキングレポート風に仕上げた東京観光スポット紹介的みたいな感じ的みたいになってますので、

「へぇ〜、こんなところもあったんだぁ〜。」

という感覚で見ていただけれたと思います。

それでは、本編スタート!!



【大東京トレッキング】 序盤
■8月13日(木)

新橋

今回は電車をガンガン使うため、乗り放題切符が無いかとさがしてみたところ、こんなのを発見。

■東京フリーきっぷ(1日乗車券)

都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー、東京メトロ、JR線を都内で1日乗り放題という、今回の主旨にバッチリはまっている切符である。んでもって、こいつをゲットするには都営地下鉄の駅にいかなきゃならないんで、わざわざ新橋駅経由のコースにしてあるので(って、別にケチる気はなんだけど。笑)、まずは、新橋駅でこいつをゲット。

画像


そして、銀座線にのり、青山一丁目で降りて、乃木神社へ

乃木神社

AM10時半ば

青山一丁目の駅から、とぼとぼと乃木神社のある方向に進んでいたが、一向に神社らしきものが見当たらない。ふと見るとそこには「旧乃木邸」という建物が現れた。
画像


たぶん、神社と関係があるんだろうと思い、中に入ってみると、そこには立派なお庭と建物が
画像

画像

ここは明治政府の軍人であった乃木大将の邸宅とのことで、ここの敷地の中に乃木神社があるようだ。早速神社を探し敷地内を散策させていただいた。(真夏なので、セミが全開で鳴いていました。)[耳をすませば]



建物のすぐそばには手洗い場と小さな社殿があり、早速参拝。(こちらは乃木家祖先と御令息との御霊をお祀りしておられるとのこと。)
画像

画像


その後、本殿を探して敷地内をあるいていると、道を挟んで向こう側に本殿があったので、そちらに向かいました。

ここは加門七海さんの著書で結界のキーポイントとして取り上げられている神社ですが、由緒等の詳しくはコチラを参照してください。(ん〜、無知です。ごめんなさい。笑)

画像

画像

画像

画像

画像


本殿参拝の後、狭い階段を上って同じ敷地内にある「赤坂王子稲荷神社」をお参りしようとしていたら、笙(しょう)の音とともに、神主さんや雅楽隊が階段を上ってこられるではあ〜りませんか。
「え、え、ええ?」と思いつつ、気づくと狭い場所で神主さんと雅楽隊に取り囲まれ、お参りする暇もなく「すみません。すみません。」といいながら、雅楽隊の皆様の脇をとおりつつ階段をくだり、しばらく、その光景を見ることに。
(何かの祈祷をされていたようなのですが、まさか、囲まれるとは思ってませんでした。。。笑)
画像
[耳をすませば]



そこでの祈祷を終えた後、旧乃木邸のほうに神主さんと雅楽隊の皆さんが向かわれたので、再度、気をとりなおし
「赤坂王子稲荷神社」を参拝させていただきました。
画像

画像


さて、参拝を終えたわけであるが、ここで、せっかくなので、「さわやかさ」「居心地の良さ」という超主観的な観点で、”パワースポット度”を判定してみた結果、

  ●乃木神社 ”パワースポット度” 判定結果

    → 「外が暑すぎて、それどころではない。」

という結果となった。(笑)

そして、参拝を終え、次の目的地に向かうべく、青山1丁目駅に戻り、そこから東京メトロ銀座線で赤坂見附で降り、「豊川稲荷東京別院」へ。
画像


豊川稲荷東京別院

AM11時過ぎ

ここはお稲荷様を祀っているのですが、神社ではなく、お寺です。

ここも加門七海さんの著書で結界のキーポイントとして取り上げられているお寺ですが、由緒等の詳しくはコチラを参照してください。(ん〜、無知です。ごめんなさい。笑)

画像

画像

画像

画像


さて、参拝を終え、次の目的にに行く前に”パワースポット度”を判定してみた結果、

  ●豊川稲荷東京別院 ”パワースポット度” 判定結果

    → 「まじで、外が暑すぎて、それどころではない。」

という結果となった。(写真以外のコメントが無いことでわかっていただけると思いますが、コメントする文言すらうかばなかったくらいでした。笑)

そして、次の目的地にGOです。(さすがにお盆で都内の道もガラすきです。歩道橋の上から青山通りを撮ってみました。)
画像

つか、、、、暑い、めちゃくちゃ、暑いっす。都内のこの暑さ、北国出身の私にはこたえます。いやぁ〜、早くも、ハンドタオルは全開で汗を吸いきっていました。とにかく先に進みます。

青山1丁目に戻り、そこから東京メトロ銀座線で溜池山王で降り、「日枝神社赤坂山王」へ。
画像

そして、オフィス街の駅も、電車も、もちろんガラすき。(笑)
画像


「大東京トレッキング 〜パワースポット的なソレ〜 中盤」へとつづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お寺や神社は落ち着きます
いやぁ お寺や神社は落ち着きます。。☆ ...続きを見る
☆STIE LIFE☆
2010/07/13 15:32
オークリー
大東京トレッキング 〜パワースポット的なソレ〜 序盤 徹山小屋(てつやまごや)/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/06 04:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとうございますみんなにこんなに役に立つ情報を分かち合って、これは感謝です
<a href="http://www.channel10.jp"> Outdoor Products</a>
Outdoor Products
2012/11/07 21:07
<a href="http://www.yohooo.jp">バスケット シューズ </a>あなたのBloggerが好きで、あなたの更新の文章を期待します
バスケット シューズ
2012/12/17 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
大東京トレッキング 〜パワースポット的なソレ〜 序盤 徹山小屋(てつやまごや)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる